葬儀の流れ

ほとんどの方は、お葬式に参列をされた経験があっても、ご自分で出すという経験はされていないと思います。
万が一を迎えた時から、お葬式が終わるまでの順序、基本的な進め方をまとめましたので、ご参考にしてください。

ご臨終

医師による死亡判定
(病院で亡くなった場合は処置を看護師がしてくれる30分から1時間位かかる)
医師から死亡診断書を受け取る
(火葬をするのに必要です。大切に)
葬儀社へ連絡
(安置先まで運んでいただく)

搬送・安置

安置場所に着いたら、ドライアイス処置をしていただく
死亡届を役所へ提出し、火葬許可書を受け取る
(葬儀社に代行していただけます。)
必要であれば枕経をあげていただく

葬儀打合せ

葬儀の場所・規模・形式・費用・日程・要望・希望を家族と葬儀社とで打ち合せ
(見積の受取)
喪主を決める
故人の意思の確認をする
菩提寺がある場合は連絡を入れて都合を確認し、読経の依頼をする

葬儀案内

夜・告別式日程を関係者へ連絡
(電話・FAX等)
必要があれば新聞広告を葬祭業者に依頼
(新聞は依頼しない限り掲載することはありません)

納棺

納棺をする
※死に装束か生前愛用していた洋服でも可

通夜・告別式

葬儀社が式場での装飾(祭壇等)をする
通夜が終わると葬儀社と告別式の打ち合わせ
お寺様を呼ばれた場合はお布施を通夜にお渡しする
(必ずしも決まっていることではありません)

出棺・火葬

棺を霊柩車・親族はマイクロバスにて火葬場へ移動
火葬許可書を提出して荼毘にふす
(葬儀社に代行していただけます)
お骨拾い
埋葬許可証を火葬場から発行してもらう
(大切に保管をされてください)

ご遺骨法要

遺骨を後飾り祭壇に安置する
初七日法要をする
(初七日を式に含む地域もあり)
急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530

神奈川県の斎場を探す

川崎・横浜

鎌倉・三浦半島

西部

神奈川県の葬儀情報

神奈川県の葬儀の風習としきたり

神奈川県は、横浜市などの大都市とその他の郊外とでは、お葬式の状況が異なります。都市部は人口が多いので、式場が不足していて公営施設の火葬場は、一週間先まで予約で埋まっていることもあります。そのため、通夜ができるのが7日後ということもあり、地方からきてくれた人から驚かれることも多くなっています。また都市部は、民営の火葬場があることも特長の一つと言えます。故人はお葬式までの間、葬儀社に預けたり火葬場にある保管庫に安置するケースも見られます。
神奈川県の郊外では、昔ながらのしきたりが残っていることもあり、近隣組織が今も機能しています。

神奈川県の費用の相場

神奈川県の葬儀費用の相場は、葬儀会場の規模や来てくれる人数など、家族や故人のさまざまな要望によって変わりますが、葬儀費用平均199万円となっています。
横浜市などの都市部などはベッドタウンとして栄えているため、神奈川県に住んでいて都内で働くという地方出身者も多く、家族代々住んでいる地域ではないことから檀家などとの関係が薄くなっていたり、親戚の参列者が少なくなっているので、家族葬が主流となっています。そのように小規模の葬儀が増えたことで、費用が低額化が進んでいます。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530
  • 葬儀安心読本プレゼント
  • 葬儀相見積代行
  • イマドキの葬儀事情
  • story(ストーリー)
  • 参列のマナー
  • 関連サービス
  • いい葬儀
  • 社葬.com
  • 供花・胡蝶蘭.net
  • 遺品整理なび
  • 遺産相続なび