葬儀後のこと

葬儀後には様々な手続きが必要です。下記にまとめましたので、参考にしてください。
(故人の立場や所有物により関係のない手続きもあります)

死亡届の提出

項 目 内 容 窓 口 備 考
死亡届 市区町村 死亡診断書が必要
死亡届は休日でも24時間受付
7日以内
埋葬許可証 市区町村
年金受給者死亡届 社会保険庁 14日以内

税務手続き

項 目 内 容 窓 口 備 考
故人の所得税 故人の確定申告 税務署 4ヶ月以内
医療控除による税金の還付 還付 税務署 医療費が10万円以上の場合、確定申告により控除対象となる
各種税金 各種納税義務消滅申告 税務署他
相続税 申告 税務署 10ヶ月以内

各種保険・名義変更等

項 目 内 容 窓 口 備 考
簡易保険 保険金 郵便局 5年以内
生命保険 保険金 保険会社 3年以内
銀行預金 名義変更 銀行 金融機関が死亡事実を知った時は相続手続き完了まで支払いは停止ただし、葬祭費用として短期貸付制度
郵便貯金 名義変更 郵便局
不動産登記 名義変更 地方法務局 手続きの期限はないがなるべく早めに
借地・借家の契約書 書換え 家主・地主
電話加入権の継承 名義変更 加入電話局
公共料金 口座変更 郵便局・銀行
世帯主変更届 変更 市区町村 残る世帯員が一人の場合は必要なし
運転免許証 返却 最寄りの警察署 更新手続きをしなければ自然消滅となる
ゴルフ会員権 名義変更 所属ゴルフ会社
住宅ローン 名義変更 金融機関
印鑑登録カード・無料バス券 返却 市区町村
加入している団体 脱会届 該当団体
急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530

神奈川県の斎場を探す

川崎・横浜

鎌倉・三浦半島

西部

神奈川県の葬儀情報

神奈川県の葬儀の風習としきたり

神奈川県は、横浜市などの大都市とその他の郊外とでは、お葬式の状況が異なります。都市部は人口が多いので、式場が不足していて公営施設の火葬場は、一週間先まで予約で埋まっていることもあります。そのため、通夜ができるのが7日後ということもあり、地方からきてくれた人から驚かれることも多くなっています。また都市部は、民営の火葬場があることも特長の一つと言えます。故人はお葬式までの間、葬儀社に預けたり火葬場にある保管庫に安置するケースも見られます。
神奈川県の郊外では、昔ながらのしきたりが残っていることもあり、近隣組織が今も機能しています。

神奈川県の費用の相場

神奈川県の葬儀費用の相場は、葬儀会場の規模や来てくれる人数など、家族や故人のさまざまな要望によって変わりますが、葬儀費用平均199万円となっています。
横浜市などの都市部などはベッドタウンとして栄えているため、神奈川県に住んでいて都内で働くという地方出身者も多く、家族代々住んでいる地域ではないことから檀家などとの関係が薄くなっていたり、親戚の参列者が少なくなっているので、家族葬が主流となっています。そのように小規模の葬儀が増えたことで、費用が低額化が進んでいます。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530
  • 葬儀安心読本プレゼント
  • 施行業者インタビューと20の社葬事例無料ダウンロード
  • イマドキの葬儀事情
  • 参列のマナー
  • 関連サービス
  • いい葬儀
  • 社葬.com
  • 遺品整理なび
  • 遺産相続なび
  • いい葬儀提携募集